dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

兵庫県立美術館【だまし絵】

f0195172_23122245.jpg
うーん。もうひとつ、物足りない印象でした・・・

過去の絵画から現在まで収められて。時代別に区分けされた展示は良く有る事ですが・・・いつも、疑問に思っています。絵歴史の紹介なら、そうですが・・・【絵】は全て【だまし】である。肖像画を、どんなにリアルに描いても【本人】では無い。レンブラントもだましている訳ですからね。

トリックアートは、絵の二次元的な世界を利用して【不思議】なあり得ない世界を見せてくれます・・・エッシャー等。また、立体的三次元を利用したのもありますが・・・

分りやすい・・・入門のトリック・アートとしては良いとは思いますが・・・それなら、もっと展示方法にアイデアを凝らした方が良いのでは。スーパーリアリズム作品は一点だけでは、意味不明。

小説や映画なら、こんな説明的な展示はしない・・・これは、絵の展示ともエンターテーメントでも無い・・・消化不良と言うより・・・このレベルが現実なのかもしれない・・・ね

せつかく観覧者が多いのだから、もっと楽しめる展示を望みます。
[PR]
by dali21 | 2009-10-20 00:02 | ART | Comments(0)