dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

箱のアート・・・2

【箱】のみで存在する物を考えたら、箱が主役になる唯一の物は“ビックリ箱”だつた。
f0195172_15534540.jpg
【箱】概念。箱は中身が主役。空間が命・・・必要最小限である事。
1枚の展開図で、開ける楽しみの有る【箱】を主役にした物を製作してみたら・・・
f0195172_15545758.jpg
箱の中を箱で埋め尽くす。そんな発想やら、箱の一部が箱になって、その中にも箱がある。その隙間に、箱が詰っている。この一体になった箱達は、1枚の紙で離れる事は出来ないのです。
f0195172_15555033.jpg
この箱に何を入れる・・・もちろん中身が主役なので、内側は精一杯・キラビヤカに・・・

1枚の紙が立体に成る時。2次元から3次元への移項は、継ぎ足す事をしないとかなりの制約があります。展開図は平面パズルの様になります。3次元では厚みが存在しますし“遊び”の余裕が必要となります。計算通りの設計図からは、まず立体には成りません。

現実世界において、計画通りに物事が進まない事と同じです。作品作りにおいても、イメージとライブ(生の作品)の違いがあるのと良く似ていますね。
[PR]
by dali21 | 2016-03-19 15:58 | ART