dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ナイフ( 11 )

角のナイフ・・・

ガゼルと思うが・・・動物の角を使ったナイフです・・・
f0195172_22353039.jpg
ふわふわした感じが良い・・・ね。
何だか昆虫みたいな生き物を想像してしまう・・・
f0195172_22355617.jpg
大陸系の動物の角ですし・・・宗教的な装飾も無い所から見ると・・・アフリカあたりの民族日常ナイフかと思われる・・・お土産物なら、もう少し刃装飾に凝っているだろうし・・・ええ加減な推理ですが・・・
角の折畳みナイフってのも面白いかと・・・かなり作りはアバウトな感じで、刃は鉄をたたいてあるだけの様。
f0195172_22371329.jpg
いざ、持ってみると意外にしっくり来る。特別な感じは無いが・・・日常的に大雑把に使用したいと思わせる・・・木を削ったり、皮を剥いだり、ちょこまかと使えそう感じです。

           ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-01-25 22:34 | ナイフ | Comments(0)
【飛出しナイフ】二点・・・キーホルダーと・・・
f0195172_0355941.jpg
f0195172_0362912.jpg以前にも紹介したミニチュアと本物。
飛び出しナイフの板バネが壊れて・・・【飛び出さないナイフ】・・・になってますわ。こうなると、みじめで指で刃をつかんで「よっこらしょ」と引張り出さなくてはいけない。とっても、情けない・・・

昭和2・30年代の物と思われる。柄の部分が【竹】というのが変わっています。安全ロックを手前に倒し“プッシュ”すると刃が飛び出す仕組み。戻すとロックが掛かる。良く出来た仕組みだけど・・・飛び出す事で怪我をする人も多かったので・・・今では、禁止に。真鍮が旧い感じで、石原裕次郎の映画に出て来そう・・・

東南アジアでは、縦に飛び出るのを見た事があるが・・・ナイフが飛び出な“アカン”のかな・・・スパイダルコのワンハンド(片手で刃が出る)ナイフも禁止になりかけたけど・・・コレは優れ物で、ダリハウスでひとり作業の片手がふさがっている時には便利。片手で刃をしまう事が出来るのてす。

刃物好きみたいですが・・・結構【切れる】のが恐く、わざと刃を切れにくくしていますわ(笑)

        ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2009-10-31 01:18 | ナイフ | Comments(0)

我が家の武器

f0195172_237209.jpg
【長ドス】と鉄の武器・・・・安全確保のために・・・マンションの大規模工事で、屋上まで足場が組まれて、ちょっと意識して置いてます。

世の中、物騒なのは今だけではないが・・・自分の住んでいる場所では最低の【防衛手段】がいると思います。

以前あった木刀が折れ、古道具の木刀を買いにいったら・・・模造品の【長ドス】が安く売ってました・・・オモチャでも金属、見た目も迫力ある。ん。これ。

もうひとつは、子供の頃から持っている武器なのだが・・・錆を研摩してペンキを塗った・・・多分小学生の頃だと思うが、そんな事してたのですな・・・昔の子は。
これは、玄関の傘ケースにぶら下げて、危ない来客用であるが・・・そんな物、使う事が無いのが良いのだが・・・万が一の為に・・・よく言われるが【安全と水はタダ】ではありません。

アメリカみたいに【銃】が持てれば良いのだか・・・それはそれで・・・事故につながる・・・
本物の【長ドス】なら、過剰防衛と銃刀法に違反となります。

そして、武器はシンプルで美しい機能美を持っている事も確か。
オモチャでも、少しは安全確保が出来るかもと・・・
[PR]
by dali21 | 2009-10-30 00:02 | ナイフ | Comments(0)

ナイフ

f0195172_15361287.jpg
上下はお土産用と思われるが、まん中のは、アンティークナイフかも・・・刃と柄のバランスも持った感じも使用するにはベストな感じ、コウモリと龍の板金模様からすると、中国ぽいが、全体の感じは東南アジアの感じがする。
上は骨に見せかけた木製のサヤ。下はイスラムぽいですが刃のそり具合が違うようですね。刃は研ぐとすぐに使えそう。
[PR]
by dali21 | 2009-04-03 15:47 | ナイフ | Comments(0)

アンティーク・ナイフ

f0195172_2193651.jpg
f0195172_2182372.jpg
アンティークとまでも行かないが、モルジブの古いナイフです。独特なカタチをしています。刃は魚をさばき易いカタチになっています。細い柄の部分が握りにくそうに思えるのだが、意外にしっくりと来る。実用だけで無く装飾も施されている。
[PR]
by dali21 | 2009-03-29 02:33 | ナイフ | Comments(3)

バターナイフ

f0195172_4164687.jpg
無機質なステンレスに、メタル線がスパイラルに巻き付き、5っのカラーがアクセント。さり気ないけど、キレイに処理されたデザインですわ。ええスタイルしてます。NYチェルシーの雑貨屋で購入。
下、カナダのお土産物、柄の部分は型取りの金属。果物皿とかのセットで、中古品。セットで見ると違和感は無いが、上のナイフと比べるとデザインは格段に落ちる。しかし、好きですわ・・・こんなのが・・・
[PR]
by dali21 | 2009-03-28 04:37 | ナイフ | Comments(0)

ペーパーナイフ・お土産

f0195172_147397.jpg
左から、2個はエジプト。象牙やったら高価ですが、大体が動物の骨か角です。
まん中は、バリ島の影絵のモチーフ。クネクネした刃先が独特でおもしろい。
次ぎが、ペルーで地上絵のハチドリの透かし彫り、銀製品なので少し黒ずんでいます。細工は丁寧でキレイ。
右端は、ベトナムの木製品。
[PR]
by dali21 | 2009-03-27 02:03 | ナイフ | Comments(0)

おみやげナイフ

f0195172_14453321.jpg
土産物屋で売っているナイフです。トルコ土産の何とも・・・らしいですね。
下は大阪万博の時、インドネシアかマレーシア館か、そんな所で買った物です。両刃の短剣のようですわ。刃は鉄なので、研ぎ上げると使えるかも知れません。
日本刀のおみやげナイフもあったのですが・・・何処かに。
[PR]
by dali21 | 2009-03-26 14:56 | ナイフ | Comments(0)

旅ナイフ・日常ナイフ

f0195172_3112574.jpg
f0195172_3131056.jpg 旅に出る時は、重宝するナイフと言えばこれ。意外にワインのコルク抜きが重宝してます・・・酒呑みには・・・欲を言うと側面にカガミが欲しい。スイス・チャンプ。ビクトリー。

スパイダルコのワンハンドナイフ。片手で開閉が出来るので作業時には便利、セメント袋を開けたりとか軽作業に使用。刃の部分の透かしとボディー部分のデザインで、この手のナイフでは重さが半分以下で軽いのが良い。見た目もかわいい

木の枝打ちに使ってるナタ。天王寺にある専門店の物。マニアなら使用はしないかも、使わなければこいつの役目が無駄になると・・・
[PR]
by dali21 | 2009-03-26 03:41 | ナイフ | Comments(6)
f0195172_11323119.jpg
小さな可愛いミニナイフ。刃は付いていませんがナイフです。左から、ハンズ等で売っている、貝模様が綺麗な物。 次ぎが、ちょっと変わっていて、飛び出しナイフ。スイスで購入。本物は日本に持込み禁止。 黄色のケースが可愛いナイフ。持ち手の柄がプラスチックで無く鹿の角の様。昭和40年代ぐらい。 左端は、四角いプレートに付属しているナイフ。野球の記念品かも。昭和30年代くらい。
[PR]
by dali21 | 2009-03-25 11:40 | ナイフ | Comments(0)