dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21

カテゴリ:ART( 415 )

関西二科展・後半・・・

3日から残り半分の会期と成りました。
私作品の【つぶやき】・・・です。見ないで【感じて】下さい。
エビスビールは美味しいけど、高いんや・・・
f0195172_118733.jpg
淡いブルーの下地は、基本の下地にしています。コラージュした後にジェッソ白とブルーで・・・トーンを整えてから・・・

〈何じゃこれ〉の画面から、制作を開始するのです。コラージュ地の時もバランスは意識しているが、下地の意味では・・・気楽。
f0195172_11142870.jpg
濃淡と色彩・バランスを調整するのだが・・・【ええ加減がシビヤ】なのです。

当たり前に成りそうな【構成】を【変態】にするのです。
【定番】と言われるレイアウトをひっくり返して・戻すと【新しい顔】が生まれます。(ホンマかいや)
f0195172_11215279.jpg
真ん中の【扉】を開けると・・・美女がコンニチハします。
後、四カ所に扉があります。

完成した【絵柄イメージ】は有りません。そんな事すると・・・制作前に完成作品は、すでに出来ているからです。

自分の好きな物・色・材料・・・のみ。
で・・・私作品の完成・・・出来上がって、デザイン分解すると、理屈には合っているのです。
f0195172_11305391.jpg
デザイン部作品なので・・・トータルにコーディネイトします。
[PR]
by dali21 | 2016-05-03 11:38 | ART | Comments(0)
12点の小作品(15cm角)の集まり・・・【内成る風景】
f0195172_12252093.jpg
ブルー系のコラージュ下地を作っていた・・・重たく感じ・・・4枚の画に【白まる】を入れた。

その一枚・・・風景画風に制作が進んで行く・・・風景画にしたいと思ってる訳では無い・・・そう成って行くのだ。
f0195172_12395497.jpg
もう一枚は・・・【泡】と感じたのか・・・浮遊生物ぽいのが現れる・・・アサヒビールをコラージュしているので【ビールの泡世界】かも・・・ええ加減やね。
f0195172_1331159.jpg
今回、出品していないもう一点・・・顔はイイのだが・・・真ん中の【黄・赤・青】の色が、異質な感じ(わざとらしい)・・・もう少し手を変え、品を変え・・・ええ加減にせねば。

4点目は・・・自分でも判らない世界に入っているので・・・ゆっくりと眺め(対話)る事とした。
f0195172_13212294.jpg
【人生は冗談・作品はエエ加減】・・・をモットウに・・・
[PR]
by dali21 | 2016-04-30 13:11 | ART | Comments(0)
昨日は当番の日・・・各部門の責任者にあたる日とでも言いましょうか。
f0195172_15473337.jpg
朝一、開館直前の見回りで、作品のチェック等・・・今回は、珍しく【作品の剥がれ落ち】発見・・・(笑)
f0195172_1550870.jpg
すぐさま、両面テープで補修。
作家を訪ねて来る人等の対応。ほとんどは何も無い日が続きます。
あったら大変・・・
f0195172_160468.jpg
真ん中に彫刻の有る部屋がバランスがイイ・・・ソファーに座ってゆっくり・・・と。
f0195172_1623115.jpg
9時開館・・・
f0195172_1654147.jpg
私の作品も・・・無事。
[PR]
by dali21 | 2016-04-29 16:08 | ART | Comments(0)
デザイン部の私作品です・・・が。
f0195172_1295282.jpg
既成の絵具を使用しないで作品を作る・・・コラージュなり何なり有るのですが・・・独自の発想で作ってみました。

水墨画のモノクロに近い所から・・・【清】の構成。
f0195172_12165945.jpg
山水画雰囲気に、ポップ調を試したり・・・

やりたい事(自己欲求)を、試す12点の作品群。

タイトルが12で無く【0(ゼロ)の・・・】に成ったのは・・・すべては自分の中に有る。
そんなもんよ・・・我がままいっぱい。
f0195172_12323260.jpg
B1サイズ規定なので・・・B2×2の縦構成に・・・センターにフェイスマスク黒を。

明日は午前当番なので・・・美術館に1時まで居ます。
[PR]
by dali21 | 2016-04-27 12:37 | ART | Comments(2)
昨日、搬入も終わり・・・ホット・・・
f0195172_138454.jpg
デザイン部の作品です・・・が。
右下から二番目・・・
f0195172_1394071.jpg
この作品には【扉】が有ります。めくって見ると・・・【はずれ】や・・・こんな事。。。も。
【ようこそ】私の作品へ・・・
f0195172_13115721.jpg
シールやビール・タバコのパッケージ・・・チラシにゴミくずに至るまで・・・

身近な【物】・・・ゴミと見られる物が、イキイキと作品に成っています。
ゴミと見れば【ゴミ】・・・キレイに見えるなら・・・作品【材料】。
[PR]
by dali21 | 2016-04-26 13:20 | ART | Comments(0)
只今・・・作品の全体構成に苦戦中・・・
f0195172_16455642.jpg
【0(ゼロ)の時空】タイトルて・・・12点の小作品(15cm角)を組み合わせているのは良いが、中々まとまらない・・・
f0195172_16495326.jpg
構成は決まっているのだが・・・12作品のバランスで悩むのです。

元々、作風が変化するのが【私風】。
f0195172_1653741.jpg
招待状も余っているので・・・良ければ・・・どうぞ。京都市美術館。
[PR]
by dali21 | 2016-04-20 16:55 | ART | Comments(4)
今年の京都展作品に、使用しようかと10数年前のマスクを型取り・・・
f0195172_14514990.jpg
元型のシリコンは無くなったので・・・起こした型から取る【裏技】を使います。
f0195172_1453367.jpg
変形した樹脂型に、ティッシュとジェッソで何層も塗り固め・・・剥離。しわくちゃな線が入り・・・これもオモロイな。
f0195172_14551178.jpg
空洞のハリボテ型の完成。それの歪みを修正。押しピン・テープで・・・フランケン・・・に。

フェイスマスクは数点、家のどこかにあるのだが行方不明。これのみ【変形型一点】友達にあげていた為無事だった。

過去の【M・Mind】シリーズの物・・・リサイクルですなぁ・・・
[PR]
by dali21 | 2016-04-01 15:04 | ART | Comments(2)
そんなタイトルで作品を製作途中・・・
15cm角の空間に、12の時空を再現・・・そんなテーマでやってます。
f0195172_9524789.jpg
作品1部分の未完成の画像・・・珍しく【具体的抽象】

イヤとスキをごっちゃまぜにして・・・成り行き任せ・シビアもごっちゃまぜ・・・

どれだけ【馬鹿らしい】作品の集まりが・・・ひとつにまとまるか。
どんなカタチであろうと・・・自分自身から出て来た【物】。
何か共通点は有るよな・・・と。自由の無茶振りヤ。

これらは・・・後々100点以上(無限)の作品群に成る予定。
[PR]
by dali21 | 2016-03-26 10:10 | ART | Comments(0)

箱のアート・・・2

【箱】のみで存在する物を考えたら、箱が主役になる唯一の物は“ビックリ箱”だつた。
f0195172_15534540.jpg
【箱】概念。箱は中身が主役。空間が命・・・必要最小限である事。
1枚の展開図で、開ける楽しみの有る【箱】を主役にした物を製作してみたら・・・
f0195172_15545758.jpg
箱の中を箱で埋め尽くす。そんな発想やら、箱の一部が箱になって、その中にも箱がある。その隙間に、箱が詰っている。この一体になった箱達は、1枚の紙で離れる事は出来ないのです。
f0195172_15555033.jpg
この箱に何を入れる・・・もちろん中身が主役なので、内側は精一杯・キラビヤカに・・・

1枚の紙が立体に成る時。2次元から3次元への移項は、継ぎ足す事をしないとかなりの制約があります。展開図は平面パズルの様になります。3次元では厚みが存在しますし“遊び”の余裕が必要となります。計算通りの設計図からは、まず立体には成りません。

現実世界において、計画通りに物事が進まない事と同じです。作品作りにおいても、イメージとライブ(生の作品)の違いがあるのと良く似ていますね。
[PR]
by dali21 | 2016-03-19 15:58 | ART | Comments(0)

箱のアート・・・

17.8年前のパッケージ作品・・・
f0195172_12345613.jpg
良く有るパターンですが。箱の中に箱・・・箱ってやつです。しかし、1枚の紙だと展開図がどうなっているのか想像するのも困難では。作るのもやっかいでした・・・
f0195172_12362596.jpg
箱に箱ですが、ふちに作ってみました。センターのメインに何か入り、サブのサイドに補助部品が入るとか・・・まーぁ、こんなのも有りですか・・・あくまでも、1枚の紙展開。
中ふたは全部一斉には開きません。

箱ノートです。試行錯誤と試作の繰返し。想像した立体を平面に置き換えると、取り分により、取れない場所が発生する。1枚紙の制約では、この不利を楽しむのが作家の楽しみのひとつ。
f0195172_12374745.jpg
正確な設計図は存在しない。数式が役に立たない世界。5+5=10なのが算数・・・そこには【厚み】と【遊び】が存在しないのです。
f0195172_1239686.jpg
作りながら考える・・・と・・・パッケージの世界が見えてきます。

ブログを始めた当初頃に載せています・・・
[PR]
by dali21 | 2016-03-18 12:43 | ART | Comments(0)