dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

模型・船外機・・・

ペコ・ポコが来たら・・・やっぱり、ヤン坊・マン坊かな。ヤンマーディーゼルの天気予報のキャラクター。モーターボートや船外機ですが。f0195172_0234091.jpg子供心には、船外機は不思議な物でした。エンジンだけの物体。それだけでは機能しないのは不思議で魅力的な物で。自動車ならエンジン付きタイヤであり、飛行機ならプロペラ付きエンジンなのでしようが、そんな物ありえない発想です。エンジン付きタイヤを買って、箱に取り付けると自動車になるなんてマンガみたいですが、船外機はそのマンガ的発想のように思えて、魅力的な物体として・・・必要最小限にデザインされた物なんでしよう。この船外機のパーツは、憧れと共に今まで私と一緒にいます。古道具に混じっていたのを不思議さ故に子供ながらに“かつてに美”してたんでしょうね。f0195172_047054.jpgこの船外機は占領下のオモチャで、OCCUPIED JAPANの刻印があります。アメリカに行くはずだったのに縁があって我が家に居てますわ。
[PR]
by dali21 | 2008-12-29 00:57 | 昭和・がらくた | Comments(0)

ペコチャン・クリスマス

と言えば、ケーキです。ケーキと言えば不二家です。子供の頃は、今ほどメーカーも無かった物で、不二家=ケーキの記憶。不二家と言えばペコチャンですが・・・ポコチャンも居ましたね。確か・・・
f0195172_12383466.jpg
f0195172_12414139.jpgペコチャンの大皿です。キャラクター物にはあまり興味が無いのですが。裏の年代を見て欲しくなりました。
28.4・・・その年の3末に生まれたのです。何だか子供の頃を思い出して、これも縁かと我が家に落着きました。たまに、海老フライなどをのせて使用しています。
昭和の時代のクリスマスは、ほのぼのとしてた記憶しかありません。
[PR]
by dali21 | 2008-12-24 12:49 | 昭和・がらくた | Comments(0)

透明

f0195172_174714.jpg透明と言えば、これやね。イカ釣り漁船の就業灯やと思いますが・・・電球のたぐいは綺麗ですね。真空管のキレイさは、こっちの世界と別世界がガラスの壁で隔離されている・・・微妙な、内と外の関係が緊張感をもたらします。又、機能美が何ともええわ。

日本海の浜辺で拾った物ですが、球は切れておりません。操業中に落とした物なのか・・・とか、想像してしまいます。こいつも、私に拾われて30年近くオブジェとして生きています。金属の腐食とガラス・タングステンが微妙にイイです。

老化【人生】と、永遠【不老不死】の対話みたい・・・

透明に引かれるのは、何んでしょ・ね。

仮説ですが。

自分【個】と他人・世の中が隔離されている塀が、ガラス・クリスタルのような気がします。
[PR]
by dali21 | 2008-12-24 01:40 | 昭和・がらくた | Comments(0)

珊瑚礁・・・

で。思いだした石垣島で買った盃があります。もう10年ほど前・・・絵の具皿といっしょですが、石垣のサンゴの海をイメージにして創られたものです。石垣島には窯元がありませんでした。昔、大津波で古くから受継いだものが無くなっています。今では色々な窯元が出来ている様です。窯元復活のために創られた物です。
f0195172_14265128.jpg
石垣島の杯  中部地方の15年前の若手作家の杯  1930年代のショットグラス。
石垣島の杯では、泡盛やね。リーフの外の深いブルーと光りのきらめきが杯に写ります。
シャープな若手作家の作品は、日本酒ですか。意匠もデザインも完璧やのに、なぜか呑みにくい・・・数年前に、この作家の同じ意匠の杯を見ましたが・・・枯れておられた。私は、エネルギッシュな若手の杯が好きです。どのような酒が合うか試すのも楽しみのひとつです。
クリスタルのグラスは、ロウソク立てみたいで、あまり好きではなかったが。淡いピンクでもブラウンでもない色に引かれて買ってしまいました。本当にショットグラスかと・・・1オンスを注いでみました。間違い無くショットグラスです。このグラスはウオッカ専用。冷凍庫でギンギンに冷やしたズブロッカを注ぐと、グラスが霜降り状態になり美しい。   酒呑みの・かってに美・ですわ。
[PR]
by dali21 | 2008-12-22 14:47 | 昭和・がらくた | Comments(0)

絵の具皿

探し物をしていたら、10数年前の絵の具皿が出てきました。絵の具を溶いた後の凝固した物ですが・・・あまりに綺麗〈かってに美〉だったので・・・かってに美〈ART〉コレクションに加えました。
f0195172_1205766.jpg
写真では判りずらいですが、キラキラ光って珊瑚礁の浅い海を思いださせます。仕事の流れの中で10年間を飛び越えて健在です。ポスターカラーなので、水を入れれば溶けてしまいます。でも、まだ我が家で生き続けますわ。
PCの液晶モニターの角度を変えて見ると結構イイ感じにみえます。
[PR]
by dali21 | 2008-12-21 12:12 | ART | Comments(0)

シェルの美

シェルコレクターが多いのは、貝の造形美・色彩美にひかれるからだろう。カタチゃ色彩だけで無く、生態も面白いものが多々あります。
f0195172_1502939.jpg
左からハート貝。  まん中、ミミ貝。  右端2個、キイロイガレイシ。
ハートのカタチをした二枚貝だが、縦割れしてハートが割れるのです。ミミ貝はなんと、中身(身体)が貝殻の外にはみ出ている変な貝ですわ・・・甲羅を背負っているような感じですか。この2つは小浜島。潮の引いた後の浅瀬で、砂とサンゴのカケラが入り交じった場所でハート貝を。瓦礫を除けた裏側にミミ貝を採取。キイロイガレイシは石垣島、川平湾で、リーフ内のテーブルサンゴの隙間だったと記憶している。昔の事ですから。何故かこの貝の黄色と黒の斑点が好きです。阪神ファンとは関係ないですよ。又、殻の突起も小さいくせに立派です。ちなみに、小さな貝の整理にはネジとかを入れるパーツボックスを利用しています。
f0195172_15224834.jpg

[PR]
by dali21 | 2008-12-16 15:31 | シェル・コレクション | Comments(0)

新種・変型

古い写真を偶然何気なく見ていたら、こんな物がありました。
f0195172_2541465.jpg
20年程前に、インドのゴア。カラングートビーチに滞在していた時にバーベキュ用に海岸に貝とりをしていましたとさ・・・と。私は、シェルコレクターでもありますが・・・昔・・・自分で取った貝しか集めないと言うコレクターですが。面白いのは、採集したその場面が、貝を見るたび蘇る事ですか。日時の記録も何もありませんが、海底とか浜とか場所が蘇ります。
さてさて、カラングートビーチでのこの貝との出合いですわ、汁ものにされるはずが、私の目に止まり、今ここにある訳ですが。何やろね。こいつは・・・の疑問が、久々に蘇りました。二枚貝やのに、半分しか無い、それも真っ二つになっている。そう言う断面図の貝もあるけど・・・ちょっと違うよな・・・砂浜の二枚貝に混じっていたし、どう見ても二枚貝の二分の一。半分やもの。もし半分で生きているのならすごいなって思います。今だによう判りませんわ。自然は面白い美を造ります。勝てんわな・・・
[PR]
by dali21 | 2008-12-15 03:14 | シェル・コレクション | Comments(0)

クリスタル

クリスタルの凹型。何の型取りに使ったのか判りません。先の大戦・・第二次世界大戦の頃なら昭和20年以前ですが、銃の感じではもっと前かもしれません。銃器については詳しくはありませんが、クリスタルが好きなので私の手元に来ました。
f0195172_2329385.jpg
その当時、何かの型取りに使われたものでしよう。手に入れた時は、墨の様なもので凹面が汚れていましたが、墨の型取りにしては薄い凹なので違う事は判りますが、そんな事は良いのです。
何かに使用された後、保管され、忘れられ・・・そして、私の元にたどり着いた。ただ、それだけの事。
クリスタル面をくり抜いて型を造った物で無く、銃の凸型にガラスを流した様だ。凸型には剥離する時の線も見えるが・・・何だかわかりませんわ。サイズはタバコぐらいで1.5センチ厚。
木型なら、和菓子の型とか想像も出来ますが。良く判らんまま、デスクのオブジェとして楽しんでいます。勝手に美してます。
[PR]
by dali21 | 2008-12-14 23:55 | 昭和・がらくた | Comments(0)

何やろ

勝手に美のタイトル通り、そろそろ始めます。日常に気付いた興味を引く物の羅列ですが・・・おもろかったらエエやんですわ。f0195172_120213.jpg7月頃に見つけた植物ですが、何だかパイナップルかゴーヤみたい。7月撮影。f0195172_1244195.jpg葉っぱは芋系の様やけど、実は南洋系に見えてしまう。湿気の多い冷たい日当たりも良く無い場所に、たった一本生きていました。アップのphotoは12月撮影。実の色付きが綺麗です。名前の知らない植物ですが、パイナップルモドキと呼んでいます。ええ加減でええわな。トウモロコシモドキでもええかも・・・
来年の春、もう一度確認。どうなってるやろ。
[PR]
by dali21 | 2008-12-08 01:41 | ダリハウス | Comments(0)

ダリハウスの冬

いやー、まいったね。寒波襲来とは聞いていたが・・・ここまで寒ぶいかい。ダリハウスは冬真只中。
f0195172_16463395.jpg
寒ぶいしかない、室内温度が、暖房入れて10°室外はお昼で0°・・・なんじゃこれ。北海道か・・・f0195172_1650088.jpgしかし、冬の来るのの早い事。春にオープンするまで4か月ちょっとありますが。冬仕度をして帰ってまいりました。
写真は昼12時前に外の温度を調べた物です。
朝やったら・・・氷点下やね。こないだの雨もひさしで凍ってたもんな。どこじゃ、ここ。大阪から1時間。ヘビーなダリハウス。
[PR]
by dali21 | 2008-12-07 16:58 | ダリハウス | Comments(0)