dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー

<   2009年 04月 ( 70 )   > この月の画像一覧

動く積木・ロボット

f0195172_18244083.jpg
動く積木。動く原理を整理・理論にまとめました。積木ブロックにすれば、こうなったのです。デザインフェスタ27・28でデビューしました。積木が動けば楽しいはず。積木に関しては全てまとめ終えたので、只今、オブジェとしての面白さを追求しています。結構やりますよ。

写真は大判フイルムカメラでワンショットで撮影。
 
この写真の、戦闘風景は HP  
http://www.dali21.com
の表紙に掲載しています。写真をクリックすると、画面が入れ代わります。
[PR]
by dali21 | 2009-04-30 18:39 | 23ki【動く積木】 | Comments(0)
f0195172_1014322.jpg
蕎麦猪口の裏です。骨董品に興味のある人は、高台やら印やら見る。これは、ARTやデザインも同じですわ。絵を見ても額が良かったりと・・・見る視点がズレたほうが、全体と感じる事につながります。日用品や流木・石を飾るなんて、その典型ではないでしようか・・・
この写真も、複数並べる事でリズムが出るし、並べ方を変えたり、間隔を開けたり、上下に移動さすと表情が変わる。古い蕎麦猪口の高台と思わず、遊ぶと面白い。
私の蕎麦猪口はほとんどキズ物です。安く買えて絵柄を楽しむ事が出来ます。好きな人は完品を捜せは良いし、私みたいに安く買って長く楽しむか・・・高い物はじっくり眺めて帰ります。(笑)
[PR]
by dali21 | 2009-04-30 10:41 | 昭和・がらくた | Comments(0)

蕎麦猪口・5

f0195172_0493427.jpg
f0195172_050838.jpg軽るーい感じの草花柄の物。これぐらいの図案が好きですね。裏側にかけて、蝶々が飛んでいて絵柄が流れている所。f0195172_0593927.jpg白地の占める割合がスッキリと見させます。

内側の意匠も、少し変わっていて、三角を意識した円形のトゲとチョボ。絵柄の繊細さと全く違う雑な印。別な人が入れているのかもと・・・思ってしまう・・・この雑さが好きだったりする。(笑)
[PR]
by dali21 | 2009-04-30 01:09 | 昭和・がらくた | Comments(0)

蕎麦猪口・4

f0195172_1652759.jpg
良く似た蕎麦猪口の図案です。反対側の意匠もそっくり。定番の絵柄なんでしょうか・・・
f0195172_1655827.jpg
内側の印は、全く違うので別の物ですか。右の印は、蕎麦猪口・2でアップした【おばけ】と同じですな。
[PR]
by dali21 | 2009-04-29 17:00 | 昭和・がらくた | Comments(0)

珍品?・盃

f0195172_9214161.jpg
骨董でなく資料的な物ですか。珍品かと思うのですが・・・写真製版の量産物なので・・・どこかに沢山ある様に思います。
f0195172_9261743.jpg
横面には、【青・島・守・備】とあります。杯の隠れている部分に【青島守備軍指令部】と入ってます。とすれば、大正の初めぐらいです。グレーの模様は銀だったので酸化したのではと思います。
f0195172_9345531.jpg
裏は、【○ア】の印が、その時代を感じさせます。青島製となっていますので、青島で作られたのでしょうね。
[PR]
by dali21 | 2009-04-29 09:42 | 昭和・がらくた | Comments(0)

記憶の片隅の風景

f0195172_18462974.jpg
インド・ゴアのアンジェナビーチの物売り・・・ばあさん。
[PR]
by dali21 | 2009-04-28 18:47 | photo | Comments(0)

変な杯・盃

f0195172_10265311.jpg
変な盃と言うより。変な集め方をしているだけ。左のお茶用のは【777】でフィーバーしているみたい。コウモリがクルッと輪を描いたみたい。右のは一頭馬の絵が良い感じに描かれています。もう一頭は、ヒゲがあって太って馬には見えない、ウシか豚に見える・・・ヒゲはなんじゃろ・・・盃の内に六甲・苦楽園と有る。どこかの料亭で使用していた物かも・・・
f0195172_10402264.jpg

[PR]
by dali21 | 2009-04-28 10:40 | 昭和・がらくた | Comments(0)

蕎麦猪口・3

f0195172_0204921.jpg
この柄が一番好きです。何て言うのかな・・・力が入っていて、入っていない。のびのび描いているようで、チグハグ。変にぱらぱらしてて、統一した図形の繰返し。不細工を絵に描いた様に、淡々としている。こんな、のほほんとしている意匠にひかれます。何の作為も感じさせないこの下手さ・・・本当は、スゴイのかも・・・変な魅力があります。

        ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2009-04-27 00:34 | 昭和・がらくた | Comments(0)

蕎麦猪口・2

f0195172_2382773.jpg
f0195172_2385498.jpgこの左の蕎麦猪口は日常的に使用している物です。厚みもあり・・・多分、現代の物でしょう。意匠もさっぱりしていて、爽やかです。右のは、ごてっとして好きでは無いのですが、絵が何とも無気味で興味を引きました【おばけ】と呼んでいます。(笑)  ペン立てになってますわ。

基本的に風景絵柄の蕎麦猪口は好きではありません・・・わがままやね。タイトル通り【かってに美】やもんな・・・
[PR]
by dali21 | 2009-04-27 00:04 | 昭和・がらくた | Comments(0)

蕎麦猪口・1

f0195172_14103165.jpg
f0195172_14111965.jpgソバ猪口を収集している人は多いらしいけど、私はたまたま、手元に有るだけです。絵皿と違って、作為の無い模様に魅力を感じます。大きさも手ごろで、焼酎のお湯割りに使ったりと。左のは、のほほんとしていてええね。右のは格子柄が単純で、口や底が欠けたまま、釉薬をかけて大雑把に焼いているのが気にいっている。それと、中に意味不明の柄がワンポイントで入っていたりと・・・ええかげんな柄は力が抜けていているのが魅力です。ただ、収集家が多いと価格が高くなるのが難点・・・1000〜2000円ぐらいの物しか買いません。ほとんど1000円以内の物が多いので【骨董趣味】より【がらくた趣味】だと思いますわ。
[PR]
by dali21 | 2009-04-26 14:29 | 昭和・がらくた | Comments(0)