dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21

<   2009年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

積木と想像力

f0195172_2059578.jpg
積木の面白さは、変化を考える事にある・・・

下地の積み方は同じですが。パーツをちよっと変えて、イメージをいじくるとガラリと違った・・・物(動物)に見える。

自在に変化させるには、それだけの想像力がいりますが・・・【想像力】は、頭の中だけでは産まれません。何度も、作っては壊しの繰返しの経験の中から【産まれ】ます。

頭の働きは、指先・身体・足等・・・実際に【生】を体験する事で、成長します。ですから、ハウツー本やネットで知識を引張って来ても・・・【生】を知らなければ、全く役には立ちません・・・

うーん。積木の説明が・・・チト、それて来ました・・・な。

      ■http://www.dali21.com/index2.html
[PR]
by dali21 | 2009-10-31 21:22 | 積木未来系【Tsumiki】 | Comments(4)
【飛出しナイフ】二点・・・キーホルダーと・・・
f0195172_0355941.jpg
f0195172_0362912.jpg以前にも紹介したミニチュアと本物。
飛び出しナイフの板バネが壊れて・・・【飛び出さないナイフ】・・・になってますわ。こうなると、みじめで指で刃をつかんで「よっこらしょ」と引張り出さなくてはいけない。とっても、情けない・・・

昭和2・30年代の物と思われる。柄の部分が【竹】というのが変わっています。安全ロックを手前に倒し“プッシュ”すると刃が飛び出す仕組み。戻すとロックが掛かる。良く出来た仕組みだけど・・・飛び出す事で怪我をする人も多かったので・・・今では、禁止に。真鍮が旧い感じで、石原裕次郎の映画に出て来そう・・・

東南アジアでは、縦に飛び出るのを見た事があるが・・・ナイフが飛び出な“アカン”のかな・・・スパイダルコのワンハンド(片手で刃が出る)ナイフも禁止になりかけたけど・・・コレは優れ物で、ダリハウスでひとり作業の片手がふさがっている時には便利。片手で刃をしまう事が出来るのてす。

刃物好きみたいですが・・・結構【切れる】のが恐く、わざと刃を切れにくくしていますわ(笑)

        ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2009-10-31 01:18 | ナイフ | Comments(0)

我が家の武器

f0195172_237209.jpg
【長ドス】と鉄の武器・・・・安全確保のために・・・マンションの大規模工事で、屋上まで足場が組まれて、ちょっと意識して置いてます。

世の中、物騒なのは今だけではないが・・・自分の住んでいる場所では最低の【防衛手段】がいると思います。

以前あった木刀が折れ、古道具の木刀を買いにいったら・・・模造品の【長ドス】が安く売ってました・・・オモチャでも金属、見た目も迫力ある。ん。これ。

もうひとつは、子供の頃から持っている武器なのだが・・・錆を研摩してペンキを塗った・・・多分小学生の頃だと思うが、そんな事してたのですな・・・昔の子は。
これは、玄関の傘ケースにぶら下げて、危ない来客用であるが・・・そんな物、使う事が無いのが良いのだが・・・万が一の為に・・・よく言われるが【安全と水はタダ】ではありません。

アメリカみたいに【銃】が持てれば良いのだか・・・それはそれで・・・事故につながる・・・
本物の【長ドス】なら、過剰防衛と銃刀法に違反となります。

そして、武器はシンプルで美しい機能美を持っている事も確か。
オモチャでも、少しは安全確保が出来るかもと・・・
[PR]
by dali21 | 2009-10-30 00:02 | ナイフ | Comments(0)

【船徳利】の底面

なんでも鑑定団から・・・盛り上がってしまいましたが・・・それなら・・・ついでに
f0195172_20395339.jpg
“壷”を見る時、必ず底を確認します。作者の印とか手がかりがあるとすれば、底なのですが・・・実用品は無印が多く、近代の物は結構入ってます。飾りみたいな物かな・・・で。判断すると、昔の物か、お土産物か。
しかし、この壷は異様に重く「なんじゃ、これ」と初印象。出来は良いのに、この重さは無いわな・・・なんて。それもマッ平、平面とは何じゃらホイ。窪みとかあると思っていたのに平底。まるで素人の粘土細工の様。良く判らんけど・・・この雑さも魅力やなと・・・ただ、あまりにもきれいなカタチなので「私の趣味と違うかも」と。

【船徳利】と判って納得しました。何にも考えずに買う、私も私ですが・・・そんな物が多数、手元にあるのです【難アリ物件】が。

底を見ると変な感じ・・・酒呑みの私の手元にあるだけ・・・幸せかも・・・
[PR]
by dali21 | 2009-10-29 00:02 | 昭和・がらくた | Comments(2)
【船徳利】と判って以来・・・意匠を改めて・・・鑑賞しました・・・
f0195172_2030549.jpg

丸の印に魅かれた訳は【完璧なカタチ】を【変化】する事により【完璧以上のカタチ】にしたデザイン力ですが・・・意味合いが理解出来ないと・・・ただの【デコレーション】になってしまう・・・しかし、見事に出来ているのは、必ず意味合いが有ると感じている。

【船徳利】と手がかりをつかんで
ケシキを眺めてみると・・・なる程・・・丸の意味が見えて来た・・・

【船徳利】を造る制作者は・・・夜の海での酒盛り・・・をイメージしていたのでは無いかと。
私が海で酒を呑むとしたら【昼】ではなく【夜】だろう。
  
  【波間に映り揺らめく満月】  を眺めて呑む。

この【ケシキ】には【丸】が必要だったのだと・・・四角でも三角でもヘラ痕でも無く・・・下地の輝きが波に見えるのは・・・理解できたと・・・思う。

面白い事に・・・改めて、眺めると・・・【丸】が壷にとけ込んで見える。
[PR]
by dali21 | 2009-10-28 13:26 | 昭和・がらくた | Comments(0)
f0195172_0263550.jpg
これは何だろう・・・建築現場で見た意味不明の物・・・

普通に考えると【落下物防止柵】なんだが、こんなん物、工事中のビルで見た記憶が無い・・・あるのかも知れないが・・・記憶にとどめるほどの物で無かったのかもしれない。
改まって見ると【良く判らない物】である。

この一部分だけ、囲っている。何の役目をするのか・・・疑問は膨らむが・・・あまり意味を求めても仕方がない物なのかもしれない・・・が
木の切り株に、笠状のキノコが付く様に、自然発生物で無い事は確か・・・頭の体操には成るか・・・ゆっくり考えよう・・・
[PR]
by dali21 | 2009-10-27 00:51 | Comments(0)
わりとここで【蛾】をアップする事が多いので・・・裏も表もみせましょか・・・てな
f0195172_2313654.jpg
ちと、ボケていますが、基盤の模様の様な、どっちが頭かも判らない【蛾】ですが。自然の中ではユニークで、面白い模様ですな。
f0195172_2353332.jpg
裏から見れば、こんな感じです。【蛾】ってなんやと言いたくなるぐらい・・・パターンが多種多様・・・デザイン的には。まいりましたかな。
知らない内に、【蛾】の紋様に魅せられてます・・・しかし、秋になると出て来ませんな・・・
この模様も自然の中では【変】だと思いますが・・・どうでしょう。
[PR]
by dali21 | 2009-10-26 00:02 | 自然のデザイン | Comments(0)
f0195172_23573093.jpg
研さんのMCバー・ライブに行って来ました・・・ただいま、帰って来ました・・・

バーの雰囲気に合わせ、優しい感じで進みました・・・MC(メジャーカップ)で研さんのライブを見たのが初めてだったので・・その頃の思い出が、よみがえりました。

写真も今回が初めて、5日前の研さんとピストル君のライブもアップしてないぐらいですから・・・さて、研さんのライブでは、珍しい曲のライブとなりましたが・・・これも良いかなって・・・

You Tubeにもアップされていますので・・・鎌倉 研をよろしく・・・清き一票を・・・
[PR]
by dali21 | 2009-10-25 00:11 | ライブ | Comments(0)
f0195172_23405751.jpg
いやはや、花の咲き方は知っているつもりでしたが・・・こんなんあり・・・

チューリップや紫陽花や桜もバラも、そんな物だと思っていました・・・が。一列並びに咲きはんねんわや・・・順序良く並んでいますが、何故か・・・想像を超えています。しかも、先端は3輪の蕾が・・・パーァとやって下さいな。

リンドウかなと思ったが・・・鈴なりに行儀良く咲くようですな・・・

・・・まいった。私の負けです・・・
[PR]
by dali21 | 2009-10-24 00:02 | 自然のデザイン | Comments(0)

秋・栗・しんど・・・

f0195172_16383362.jpg
本格的に秋になっていました・・・ダリハウス・・・

夏の虫達も姿を消して、色づく木々や朝晩の冷え込み・・・昼間で14°の気温ですから、都会とくらべると寒いわ。

今回はイレギュラーで行った為、バタバタの始動しでくたびれました・・・とさ・・・
[PR]
by dali21 | 2009-10-23 16:44 | ダリハウス | Comments(2)