dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
f0195172_1336353.jpg
良く有るパターンですが。箱の中に箱・・・箱ってやつです。しかし、1枚の紙だと展開図がどうなっているのか想像するのも困難では。作るのもやっかいでしたが・・・
[PR]
# by dali21 | 2009-03-15 13:42 | パッケージ
f0195172_34263.jpg
タイトル : BOXシート。箱の中に椅子がある・・・と。ちょっと駄洒落てみました。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-14 03:14 | パッケージ

リラックス

f0195172_172322.jpg
そろそろ桜の季節に入ってきました。お花見ですなぁ。呑めますなぁ。春はほんわりします。 
[PR]
# by dali21 | 2009-03-13 17:25 | photo
f0195172_13114179.jpg
箱を開けるとパラダイス。楽しい箱の中の空間を作ってみました。雰囲気は東京ディズニ−ランドかな・・・
無機質な四角い箱を開けるとパーッと広がる感じ。楽しさが表現できていればいいかと。
一枚の紙の可能性に挑戦。

        ■http://www.dali21.com
[PR]
# by dali21 | 2009-03-13 13:18 | パッケージ
f0195172_4501351.jpg
箱の中を箱で埋め尽くす。そんな発想で作ってみました。
1枚の紙が立体に成る時。2次元から3次元への移項は、継ぎ足す事をしないとかなりの制約があります。展開図は平面パズルの様になります。やっかいなのは、10センチの立方体に5センチが2個は入らないのです。5+5=10と計算できますが。3次元では厚みが存在しますし、また、“遊び”と言う余裕が必要となります。計算通りの設計図からは、まず立体には成りません。
f0195172_554148.jpg
現実世界において、計画通りに物事が進まない事と同じです。作品作りにおいても、イメージとライブ(生の作品)の違いがあるのと良く似ていますね。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-12 05:25 | パッケージ
f0195172_9432282.jpg
ここからは私の作品です。
1. パッケージのみで存在する物を考えてみた。“ビックリ箱”が箱を必要とする。箱が無ければ成り立たない・・・箱が主役になる唯一の物。
2. パッケージの概念。必要最小限である事。
  と、言う事から・・・1枚の展開図で、箱を開ける楽しみのある物を。“ビックリ箱”では無く、箱事体を主役にした物を製作してみたら・・・
 上の写真・箱の一部が箱になって、その中にも箱がある。f0195172_9553731.jpgその隙間に、箱が詰っている。この一体になった箱達は離れる事は出来ないのです。果たして、この箱に何を入れる・・・もちろん中身が主役なので、内側は精一杯・キラビヤカに・・・
3. 箱は中身が主役。空間が命。

        ■http://www.dali21.com
[PR]
# by dali21 | 2009-03-11 10:05 | パッケージ
f0195172_1731039.jpg
デザインが無くなったこの国。この国の役人・国民もデザインとデコレーションを一緒にしている。
左から、カプリのオリジナルデザイン。まん中、カプリの日本版・・・右、それのゲス。取って付けたような・・・デザイン・・・にもならんな。
日本版はゲスを入れたために、厚さが5mmアップした。嗜好品としてのスマートさが消され、デザインを無視した注意書きが入る・・・肺がんとか障害のある悪い物なら、禁止にすれば良いと思う。タバコは吸うが自己責任だと思っている。他人に被害が・・・とかも、自動車の排気ガスの議論とか抜きにタバコの煙りに集中する。また、その流れを受けてタバコについて、みんなが発言する。ほんまに誰かにあやつられているみたい。
私が自動車を持っていたら・・・タバコの様な注意書きをつける。世の中を皮肉るブラック・ュ−モアとして。
タバコは吸わない方が良い。火事になるし、たき火も禁止になってるし。腹もふくれない、税金だけ取られてる。私も禁煙したいが、依存性があるので、本気にならないとやめられません。タバコ始めた人はすぐに止めたほうがイイよ・・・排気ガスは、吸わされるれどね・・・・
[PR]
# by dali21 | 2009-03-10 17:28 | パッケージ
f0195172_246323.jpg
ゴロワーズのパッケージ。今もパリで売っているのかどうか知りません。30年ぐらい前の物です。どう見ても“ゴロワーズらしく無い”のが新鮮でした。フランス製は、独特の癖が有るものが多く、かと言って保守的でもなく・・・突然新しい試みをしたりする。
このBLUE WAYは、サラッとしたデザインと構図が新鮮。2種類のデザインはライトな感じがする、味に変化はなかったと思う。表面デザインを変えるとこんなにもイメージが変わる。
ポップなのに色彩は最小限。ここらあたりがフランス風・・・かな。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-10 03:05 | パッケージ

daliの風景


[PR]
# by dali21 | 2009-03-09 15:46
f0195172_11191090.jpgこれはベルギーのショットグラス(半ダ−ス)の詰め合せのパッケージ。一枚の紙(Eダボール)で、間の仕切りを兼ねている。紙の取り分に無駄は無く、ショットグラスを保護する役目も完璧である。展開図を見れば長方形にピタリと収まる。
日本では、箱を作ってからゲス(仕切り)を作るのが一般的だが・・・紙のロスが多く出る。エコとは言えない。f0195172_11303167.jpgヨーロッパ辺りでは、この作り方はポピラー。日本は、戦後、アメリカナイズされたせいか、消費と無駄を好む傾向になった。デザインも外見の見栄えが重視されている。
外も大事だが、中身がつまらなければ・・・
パッケージの基本を真剣にデザイナーが考えなければ、ただのゴミの量産になる。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-09 11:44 | パッケージ
パッケージデザインと言われる分野は、外側のデザインに重点が置かれている感じがする。元々、中身を守るのがパッケージの命です。もっと言えば、機能美が無ければ箱では無い。いくら着飾っても中身が商品である。パッケージの原点のひとつ、卵を考えてみると“大切な命”を守り内側からは割れ易い構造。ミカンは中身の乾燥と外からの防御。パッケージとは中身を保護することと、開ける事によって感動が生まれる物です。
f0195172_19313465.jpg
NYで見つけたパッケージ。丸いカンカンの中に、薄い煎餅状のワッフルと言うのかな・・・それを四角い帯状の簡易パッケージが被う。
何がすごいかと言うと、丸い缶の箱はセット詰めで送りにくい、まして缶の擦れを考えるともう一度箱に詰めるかシートをひく事しかない。
この箱は最小限で最大の効果を上げている。丸い缶を意識させながら、帯状の最小シート状で仕上げて、表面デザインも綺麗だ。何ダースかの発送ボックスにも四角い面があり詰め易い。10$ほどしたが、買ってしまった。

        ■http://www.dali21.com
[PR]
# by dali21 | 2009-03-08 19:59 | パッケージ

ARTなお札

f0195172_19582014.jpg
20年以前に発行されたスリランカのお札です。このお札の前はそれなりの物でしたが、これはトロピカルでした。思わず使わずに持って帰りました。偽札とかが出回るのでお札の新札発行はよくあるみたい。今でもこれが使われているかは知りません。でも、ええ感じやね。50RP以上の札もあるのでが、さすがに使ってしまいました。片面のみ紹介。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-07 20:09

ARTなお土産2

f0195172_23224392.jpgインドネシアのバリ。クタビーチに滞在していた時に、海岸に物売りがやってくる。ピアスを買えと言うが。1$やと。ベリーエキシペンシブやんか。貝には詳しい私は“うんうん、これか、なるほど”などと・・・品定めして、いっぱい買うから“4つで1$や”と交渉・・ま・・・海岸の売り子はバチモノと言うか。難アリの物を売っている。これで、商売を覚えるのですわな。ええね。で。売り子の見せ方か゛こんなのでした。帰って来て再現したものです。ちょっとPHOTOにはベルベル族の石も入っていますが・・・ね。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-07 00:01 | シェル・コレクション

ARTなお土産1

f0195172_1554634.jpg
娘が買ってきた、カッパドギアのお土産。子供の売り子が観光客目当てに売りに来るんですな。これが、現地の感覚で言うとばかばかしいのですが、持って帰って来ると・・・なかなか良いのです。ART作品と違って肩に力が入っていなくて・・・売る・生活・・・みたいな所が、シンプルで、見たまま創っているのがええですな。雑貨や土産物も、きっちりARTしています。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-06 16:00

ARTの多面性10-3

f0195172_1255385.jpg全体の構成と自分の持ち場の構成を練直す。
結果。変な酔いどれのおっさんが、絵を描きだすとパワフルに変身するストーリーが完成。面を付ける事で、後ろ向きでも視線が定まると考えた。
筆の替わりに段ボールの破片を持ち、リズミカルな曲にのせて、摩天楼を描く事にした。
上手・下手は二の次で、パワーで曲にぶつかる事となる。音と絵と会場が一体にればと・・・
音楽と絵と観客の関係が一体になるとええのになぁ・・・と。
サイズ B-0  時間・約7分
[PR]
# by dali21 | 2009-03-06 13:02 | ART

ARTの多面性10-2

f0195172_20371436.jpg
f0195172_20374361.jpg衣装と仮面。 衣装は自作。世田谷の大工さんの子?から・・・仕立ての生地をもらい、自分で製作した。昔の生地(大正か昭和)ですけど・・・大工をやめて生地だけが残っていたみたいで、こんなん好きな私が、2枚もらいうけました。仕立前は藍の深い色で、使い込むとジーンズぽい色になります。シャツとアロハと極道風に仕立てました。袖は七分袖にして、前面は襟無しのシャツ風。袖には“服部”の意匠が入っています。
仮面は。石垣島の“アンガマ”の面です。おじぃとおばぁの対ですが、おじぃの面を使用。この面は、田場さん作。人間国宝じゃないけど、それに近い人物であったと思います。琉球桐の木はこの人のみ使用可能だったと・・・そん人の作業場に押しかけて手にいれました・・・桐の白い色でしたが、赤ガワラをすって染めると地元人の肌色になると聞き、やってみました。で、褐色です。
一本歯が好きです。ええバランスやね。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-05 21:10 | ART

ARTの多面性10-1

f0195172_3452022.jpgどうもチマチマと部屋で作品を創る事に疑問を感じ始めていた頃。ライブペインティングの誘いがあり、内容も聞かずにOKした。物事は【する・しない】の選択主がある場合、【する】事にしている。しなかったら何も始まらない。が基本。オリジナル曲デモテープ“コーリヤン マタドール”を貰ったが、描く事だけでは間が持たない・・・客席に尻を向けるのだから、間抜けな姿である。・・・絵と音楽の間を取り持つ何かがいる・・・何か考えねば・・・
f0195172_3491114.jpg

[PR]
# by dali21 | 2009-03-05 03:58 | ART

リラックス

f0195172_9352951.jpg
石垣島・川平の民宿のウッドデッキ。スコールの後。
水たまりがカガミになって椰子の木を写し込む。
あちらの世界を眺めながら・・・やっぱり、於茂登【泡盛】を呑む。リラックス・・・ずぼらとも言う。ん。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-04 09:45 | photo

妖怪daliの集会所“3月”

“妖怪daliの集会所”閉鎖により、このブログを書込みの場所として、試し使用してみる事にした。元々、ARTとは全ての物を含むと考えています。ここでも、ええか・・・コメント覧に自由にカキコして下さい。
f0195172_12112969.jpg
取りあえずは、場所だけ確保しておきます。一ヶ月おきに、新集会所を置きます。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-03 12:13

ARTの多面性9

f0195172_433164.jpg
師匠から様々な“デザイン・技術・テクニック・感性”等を吸収したつもりだつたが。「真似をしたらダメだ」と言う意識が強く有り、自分独自の作品を創って来た。この作品は「素直に、師匠から受継いだ物」を出す試みをした。「本当に、受継いだのか」の疑問ではあるが・・・
結果。たくさんの人が「師匠の作品かと思った」と聞く。それでも師匠は「やり過ぎやなぁ」と言うだろう。そのような感覚が自分自身の中に有ると思うと“師匠は私の中に存在している”と確信した。
サイズB1
[PR]
# by dali21 | 2009-03-03 04:39 | ART

ARTの多面性8

この作品は、今までの試みの中で、最終地点にたどり着いた。“完成”。自分なりの方法論と師匠として目指していた人に追い付くとまでは行かないが・・・自分自身の“らしい”結果が出せた作品になりました。
ひとつの区切りをつけた・・・かな・・・師匠にこの作品を見てもらえなかったのが残念です。
f0195172_2357486.jpg
       サイズ約255×175個展案内状用
[PR]
# by dali21 | 2009-03-02 00:03 | ART
f0195172_2326664.jpg
南インド古典舞踊界を代表する巨匠。日本で言うと、歌舞伎の人間国宝みたいな人です。 何がすごいか・・・とりあえずはこのphotoで、じっくり感じてみて下さい。
[PR]
# by dali21 | 2009-03-01 00:01 | ART

ARTの多面性7

f0195172_22313566.jpg
俳句とのコラボレーション。  B1サイズ。
題材があって製作するのは、私にとつて楽しい試みでした。俳句では6点ほど創ったと思います。この作品の俳句は、レズとかホモぽい感じがして・・・中性と言うか、子供から大人に変わるその一瞬の微妙な感じが、この作品になりました。
[PR]
# by dali21 | 2009-02-28 22:40 | ART

ARTの多面性6-3

f0195172_1057325.jpg
OSAKA Broken Sky 現代美術センター・スペース11030×13052×2470(H)

止まる事のない破壊・再生だけの街。流れの中で立ち止まると、不安や恐怖さえ感じられるOSAKA CITY−−−この一瞬の疑問を作品に仕上げる−−−南島のヤシの葉かげで眺めている空と。工事現場の中から見ている空は、同じ感覚・風景に思えるのは、私自身へのパラドックス。
f0195172_1194016.jpg

[PR]
# by dali21 | 2009-02-28 11:12 | ART

ARTの多面性6-2

f0195172_23132214.jpg
OSAKA Broken Skyのセンターパーツ。コンクリートの塊をイメージして製作。リアルぽい存在感を創りました。冷たさと頑固さがこれに凝縮するように、単体で主張する物体。
f0195172_23505649.jpg一定の比率を元に900×600の印刷物。鉄骨・クレーンのイメージの元。やっぱり“朱色”がここにもあります。
余談てすが・・・
この朱色の印刷物を見て「クロス・十字架」とフィリップが言ったのは、印象的でした。ただ、鉄筋とワイヤーをイメージして製作したのに。アメリカ人・・・クリスチャンにそう強く見える意匠だったのです。
天(空)・地(大地・道路)・創造物(建設中のビル)・コンクリートの塊。

鉄骨=古い家・ビルが壊され、シートで被われた建築現場。赤やオレンジの鉄骨が強烈なアピールをする。それらも町並みの一部として存在するのは、建物が完成した時。すでに街並の一角に新しい鉄骨を発見するせいだろう。
[PR]
# by dali21 | 2009-02-27 00:06 | ART

ARTの多面性6-1

f0195172_9534019.jpg
タイトル・OSAKA Broken Sky の個展用に製作したものの、結局展示しなかった未発表の作品。道路と空のイメージ。f0195172_1002479.jpg空=これ程まで激変してゆく大阪の街並みの中で、一見して変化しない空。しかし、実際は大気汚染により変色している。
道路=アスファルトの道路が掘り起こされる。何のためか判らないほど頻繁に。工事の前に道路表面は記号であふれかえる。大地に埋め込まれた下水・水道・ガスetcの位置を示す記号で。
上・サイズ 1800×900  下・案内状
[PR]
# by dali21 | 2009-02-26 10:11 | ART

ちょっとひと休み。NYC

f0195172_024013.jpg
絵ばかり続くとしんどいので・・・ニューョークのテイクアウト・カフェの窓に貼ってあったポスター達です。なんか、ええね。チマチマしてなくて、元気になりそうなシンプルさ。派手さはないが、存在感がある。
◆TAKE OUT◆***とガラスにプリントされてるのと合ってます。ポスターが良いのか、貼る人のセンスが良いのか・・・うーん。
[PR]
# by dali21 | 2009-02-25 00:14 | ART

ARTの多面性5

f0195172_13552616.jpg
f0195172_13562510.jpg
上 M.Mind20-24 サイズ1030×1820 下 M.Mind and Hole 900×900
M.Mind20-24は、カガミを使った、作品に入り込む作品。直接で無く、間接的にとらえるために、カガミの裏面を削り身体の一部が写り込むようにして、顔の位置にフェイスマスクをレイアウト。
作品と自分との関係を立体的に表現しょうとの試み。ギャラリー・個展用。
M.Mind and Holeは、M.Mind と言う自分自身を覗き込む Hole(穴)を想定して製作。これは、紙をカッターで直線に切った隙間からM.Mindが覗いていると言う物。現代美術センター・個展用。  撮影場所はBarアムリッタ。
平面から3次元への試みの頃。
[PR]
# by dali21 | 2009-02-24 14:21 | ART

ARTの多面性4

f0195172_3463170.jpg
f0195172_3464574.jpg
M.MINDシリーズ【まぶたの裏の風景】
上M.MIND.1 B2   下M.MIND.21 B1
誰もが知らない・見た事の無い物を描きたくて、このシリーズが始まりました。想像して創り出した物は、所詮自分の知識の中の物でしか無く、見た事の無い物は描く事は出来ないのが真実。
[PR]
# by dali21 | 2009-02-24 04:00 | ART

ARTの多面性3

f0195172_1439455.jpg
f0195172_14391674.jpg
イメージで製作するのと、物のカタチを自由に表現するのが合わさって。   上、盆栽。下、バイク。どちらもB2サイズ。同時期作品。
盆栽は人間が自然を作り変えた、自然で無い自然。バイクは人間の欲望の延長かもしれない。
作品を作るのが盆栽なら・・・・バイクレースは、作品の限界に挑戦しているのかも知れない。どちらも、好きやもんな。
[PR]
# by dali21 | 2009-02-23 14:49 | ART