dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21

珊瑚礁・・・

で。思いだした石垣島で買った盃があります。もう10年ほど前・・・絵の具皿といっしょですが、石垣のサンゴの海をイメージにして創られたものです。石垣島には窯元がありませんでした。昔、大津波で古くから受継いだものが無くなっています。今では色々な窯元が出来ている様です。窯元復活のために創られた物です。
f0195172_14265128.jpg
石垣島の杯  中部地方の15年前の若手作家の杯  1930年代のショットグラス。
石垣島の杯では、泡盛やね。リーフの外の深いブルーと光りのきらめきが杯に写ります。
シャープな若手作家の作品は、日本酒ですか。意匠もデザインも完璧やのに、なぜか呑みにくい・・・数年前に、この作家の同じ意匠の杯を見ましたが・・・枯れておられた。私は、エネルギッシュな若手の杯が好きです。どのような酒が合うか試すのも楽しみのひとつです。
クリスタルのグラスは、ロウソク立てみたいで、あまり好きではなかったが。淡いピンクでもブラウンでもない色に引かれて買ってしまいました。本当にショットグラスかと・・・1オンスを注いでみました。間違い無くショットグラスです。このグラスはウオッカ専用。冷凍庫でギンギンに冷やしたズブロッカを注ぐと、グラスが霜降り状態になり美しい。   酒呑みの・かってに美・ですわ。
[PR]
# by dali21 | 2008-12-22 14:47 | 昭和・がらくた | Comments(0)

絵の具皿

探し物をしていたら、10数年前の絵の具皿が出てきました。絵の具を溶いた後の凝固した物ですが・・・あまりに綺麗〈かってに美〉だったので・・・かってに美〈ART〉コレクションに加えました。
f0195172_1205766.jpg
写真では判りずらいですが、キラキラ光って珊瑚礁の浅い海を思いださせます。仕事の流れの中で10年間を飛び越えて健在です。ポスターカラーなので、水を入れれば溶けてしまいます。でも、まだ我が家で生き続けますわ。
PCの液晶モニターの角度を変えて見ると結構イイ感じにみえます。
[PR]
# by dali21 | 2008-12-21 12:12 | ART | Comments(0)

シェルの美

シェルコレクターが多いのは、貝の造形美・色彩美にひかれるからだろう。カタチゃ色彩だけで無く、生態も面白いものが多々あります。
f0195172_1502939.jpg
左からハート貝。  まん中、ミミ貝。  右端2個、キイロイガレイシ。
ハートのカタチをした二枚貝だが、縦割れしてハートが割れるのです。ミミ貝はなんと、中身(身体)が貝殻の外にはみ出ている変な貝ですわ・・・甲羅を背負っているような感じですか。この2つは小浜島。潮の引いた後の浅瀬で、砂とサンゴのカケラが入り交じった場所でハート貝を。瓦礫を除けた裏側にミミ貝を採取。キイロイガレイシは石垣島、川平湾で、リーフ内のテーブルサンゴの隙間だったと記憶している。昔の事ですから。何故かこの貝の黄色と黒の斑点が好きです。阪神ファンとは関係ないですよ。又、殻の突起も小さいくせに立派です。ちなみに、小さな貝の整理にはネジとかを入れるパーツボックスを利用しています。
f0195172_15224834.jpg

[PR]
# by dali21 | 2008-12-16 15:31 | シェル・コレクション | Comments(0)

新種・変型

古い写真を偶然何気なく見ていたら、こんな物がありました。
f0195172_2541465.jpg
20年程前に、インドのゴア。カラングートビーチに滞在していた時にバーベキュ用に海岸に貝とりをしていましたとさ・・・と。私は、シェルコレクターでもありますが・・・昔・・・自分で取った貝しか集めないと言うコレクターですが。面白いのは、採集したその場面が、貝を見るたび蘇る事ですか。日時の記録も何もありませんが、海底とか浜とか場所が蘇ります。
さてさて、カラングートビーチでのこの貝との出合いですわ、汁ものにされるはずが、私の目に止まり、今ここにある訳ですが。何やろね。こいつは・・・の疑問が、久々に蘇りました。二枚貝やのに、半分しか無い、それも真っ二つになっている。そう言う断面図の貝もあるけど・・・ちょっと違うよな・・・砂浜の二枚貝に混じっていたし、どう見ても二枚貝の二分の一。半分やもの。もし半分で生きているのならすごいなって思います。今だによう判りませんわ。自然は面白い美を造ります。勝てんわな・・・
[PR]
# by dali21 | 2008-12-15 03:14 | シェル・コレクション | Comments(0)

クリスタル

クリスタルの凹型。何の型取りに使ったのか判りません。先の大戦・・第二次世界大戦の頃なら昭和20年以前ですが、銃の感じではもっと前かもしれません。銃器については詳しくはありませんが、クリスタルが好きなので私の手元に来ました。
f0195172_2329385.jpg
その当時、何かの型取りに使われたものでしよう。手に入れた時は、墨の様なもので凹面が汚れていましたが、墨の型取りにしては薄い凹なので違う事は判りますが、そんな事は良いのです。
何かに使用された後、保管され、忘れられ・・・そして、私の元にたどり着いた。ただ、それだけの事。
クリスタル面をくり抜いて型を造った物で無く、銃の凸型にガラスを流した様だ。凸型には剥離する時の線も見えるが・・・何だかわかりませんわ。サイズはタバコぐらいで1.5センチ厚。
木型なら、和菓子の型とか想像も出来ますが。良く判らんまま、デスクのオブジェとして楽しんでいます。勝手に美してます。
[PR]
# by dali21 | 2008-12-14 23:55 | 昭和・がらくた | Comments(0)

何やろ

勝手に美のタイトル通り、そろそろ始めます。日常に気付いた興味を引く物の羅列ですが・・・おもろかったらエエやんですわ。f0195172_120213.jpg7月頃に見つけた植物ですが、何だかパイナップルかゴーヤみたい。7月撮影。f0195172_1244195.jpg葉っぱは芋系の様やけど、実は南洋系に見えてしまう。湿気の多い冷たい日当たりも良く無い場所に、たった一本生きていました。アップのphotoは12月撮影。実の色付きが綺麗です。名前の知らない植物ですが、パイナップルモドキと呼んでいます。ええ加減でええわな。トウモロコシモドキでもええかも・・・
来年の春、もう一度確認。どうなってるやろ。
[PR]
# by dali21 | 2008-12-08 01:41 | ダリハウス | Comments(0)

ダリハウスの冬

いやー、まいったね。寒波襲来とは聞いていたが・・・ここまで寒ぶいかい。ダリハウスは冬真只中。
f0195172_16463395.jpg
寒ぶいしかない、室内温度が、暖房入れて10°室外はお昼で0°・・・なんじゃこれ。北海道か・・・f0195172_1650088.jpgしかし、冬の来るのの早い事。春にオープンするまで4か月ちょっとありますが。冬仕度をして帰ってまいりました。
写真は昼12時前に外の温度を調べた物です。
朝やったら・・・氷点下やね。こないだの雨もひさしで凍ってたもんな。どこじゃ、ここ。大阪から1時間。ヘビーなダリハウス。
[PR]
# by dali21 | 2008-12-07 16:58 | ダリハウス | Comments(0)

落花生

落花生に印刷。近頃、水に印刷するとかいろいろな物に印刷が使われています。ICチップも印刷です。で。この落花生に文字を入れる方法を考えてみたが・・・
1.柔軟素材の凸版のようなものでスタンプ押しをする・・・凸凹で歪みが出るので却下。
2.焼印で・・・焦げた感じは同じだが、落花生の凸凹には対応できないので却下。
3.・・・となれば。レーザーで焼印するしかない。
後・・・念力とか超魔術とか霊とかもありますが・・・いかがでしょうか。
正解はいかに。
f0195172_9542456.jpg
チャッテングBarカマクラのライブ後、落花生と遊んでみました。
[PR]
# by dali21 | 2008-12-01 09:59 | Comments(0)

印度・韓国・日本 

印度・韓国・日本 祈りの道。各国の舞踊集団による公演が行なわれました。
福田麻紀。印度舞踊のアムリッタ・ダンスカンパニーは何度も観ている。韓国は何となく判る。日本は馴染みがあると思っていたのは、大間違い。f0195172_11244211.jpg民謡・盆踊りに驚くとは・・・
印度舞踊は神に捧げる踊りでありシンプルに表現している。
韓国伝統芸術は舞踊は洗練されて美をかもし出している。
日本の民踊集団“はなぶさ”による盆踊りには、祈りを乗り越えたシュールな物を感じる。土着的なある物と祈りと・・・シャーマン・・・みたいなものが感じるのです。舞台演出もあるのでしょうが、今まで知っていたと思った。盆踊り・民謡を真剣に観たいと。
写真撮影は禁止なので、パンフレットを載せました。
          酒井英治&民踊集団“はなぶさ”
          福田麻紀&アムリッタ・ダンスカンパニー
          呂 英華&韓国伝統芸術院
[PR]
# by dali21 | 2008-11-27 11:49 | ライブ | Comments(0)

フリーAr〈ケッ〉ト初日

今日は天気も良く、初日にふさわしいかなって思ってたら。人出はパラパラでした。気を取直し、ギャラリーでの撮影をします。
f0195172_19502174.jpg
f0195172_19505383.jpgそれなりに、何点か撮影。このオブジェとのコラボレーションもなかなか面白いアングルになり、今日はここまででOKとしました。まだ始まったばかり・・・




明日も撮りまくります。
[PR]
# by dali21 | 2008-11-23 19:59 | ART | Comments(2)
11月22・23日に、第1回目の催しが尼崎の寺町で行なわれています。
この町で生まれ育った私が見ないわけには・・・と思い出かけました。f0195172_15264560.jpgお寺での展示と言う事なので楽しみにしていましたが。お寺で展示する意味が見えず。絵画は絵画。お寺はお寺。として見たり感じたりするのが良いですな。f0195172_15344966.jpg沖縄とか巡回するらしいので、ギャラリーとかホールとかの空間が合っていると思います。
お寺でするのなら、もっとジョイントする方法は無かったのだろうかと。コラボレーションすると楽しいのに・・・
阪神尼崎駅南に全昌寺・絵画数十点。法園寺・大覚寺にも有り。
フランスから110点の絵画。日本から40点の作品です。
尼崎の寺町に行った事の無い方はぜひ一度おこし下さい。イイ町ですよ・・・
[PR]
# by dali21 | 2008-11-22 15:50 | ライブ | Comments(0)

フリーAr〈ケッ〉ト2008

フリーAr〈ケッ〉ト2008
11月23日〜29日
AM11:00〜PM7:00 最終日PM5:00
大阪市西区南堀江3-4-8 KCビル
ギャラリーホック

f0195172_9363692.jpg

[PR]
# by dali21 | 2008-11-22 09:41 | ライブ | Comments(0)

デザイン フェスタ3

スパイダーウーマンがやって来た。DF会場内は、仮装・コスチューム等色んな人が居ます。酒があれば巨大な宴会場かもしれませんね。
f0195172_9574846.jpg
ちょっと気になったブースがありました。
これは、俺達の時代やったと感じさせるものがあり・・・横尾忠則・天井桟敷・何やろね、ここからどこへ向かうのか楽しみになってきます。私があれから数十年てここにたどりついたとしたら・・・彼女はどこへたどりつくのか・・・今の時代の時間の中でどう変化するのか10年後・20年後を見てみたい。
f0195172_1010116.jpg
ま。生きてりゃ見れるかも。
[PR]
# by dali21 | 2008-11-14 10:20 | ART | Comments(0)

デザイン フェスタ2

DFの2日間、自分のブースが気になり他のブース巡りがなかなか出来ない。参加する側でなく一度はゆっくりと散策したいと思う。f0195172_3482713.jpgこの作品は、自販機の前で撮影し加工したものであるが、パソコンの画面上で見ると淡い色調になってしまう。プリントアウトするとポップな感じが出ているのだが、この差に何時も騙される事が多い。
23日からのフリー〈Ar〉ケット(グループ展)に出品予定しているが、行き当たりばったりでは作品とは呼べない。そのため数回のプリントアウトの繰返しが始まるのです・・・
やっぱり、手書きのほうが私には合っている・・・と、言う事を前提にパソコンをいじってます。
f0195172_4114283.jpg

このブースに引っ掛かったのは、私の方向性と近いのか下にあるアクリルケースの時計オブジェに引かれました。静と動が入り交じり、時計が時計の役割を放棄して、内でも無く外でも無い空間を作っている。平面作品は要らないぐらい研ぎすますと。シュールな物になるのでは・・・と思ってしまう。
[PR]
# by dali21 | 2008-11-12 04:25 | ART | Comments(0)

デザイン フェスタ・1

昼すぎには人・人・人で大変な盛況です。パワーの溢れるこのイベントは好きです。オリジナルであれば何でも有りってのがイイですわ。見に来る人が選べば良いだけで・・・パワーを肌で感じる事が大切。
f0195172_10224132.jpg

ブースでの展示構成。思ったより小さいスペースでしたが。レイアウトの感じはイメージ通り。しかし、荷物と梱包財の置き場が無く、ゴチャゴチャしてしまいました。
f0195172_10335847.jpg

近くのブースでは、前回は、はな垂れ小僧だったのが、はな垂れ少女になってました。
田利アートワークも。前回は出来上がったオブジェ積木を持って来ただけで、展示のみでした。今回は、野外で撮影した作品と写真加工した作品の展示も有りで、少々パワーアップしております。次回、参加するとしたら。ますますパワーupします。
[PR]
# by dali21 | 2008-11-11 10:44 | ART | Comments(0)
4日は二科大阪展の搬入・展示。
8・9日のデザインフェスタに向けてのオブジェ積木の発送で忙しい中、仕事も入って来て、てんてこ舞い。
f0195172_2250396.jpg

荷物の重量は約40kg。上記のビッグサイズをもうワンセット持って行きます。小さいのが積木サイズです。可愛いものですね。大きいのは崩れてくると凶器に変身します。
高さにすると160cmぐらいに積む事も可能です。倒れてタンコブを作った事も多々ありで・・・子供向きではありませんな。明日には、ポスター作品群が7点ほど上がってきます。ワクワクやね。
私のデザイン理論を立体にしたものですが。重さと比率が動く積木になりました。しかし、立体のオブジェとして。パフォーマンスの道具として。野外での撮影で作品として。只今、大活躍しています。作品は楽しくなければね。
デザインFでのブースNoはC-0280。東京ビッグサイトでやります。ぜひ御覧下さい。
右下にある緑のカードがデザインFのパスです。
[PR]
# by dali21 | 2008-11-04 23:10 | 23ki【動く積木】 | Comments(0)

フランスのガラス製品

パリの街に初めて立った時。何も感じる事が無かった。数週間が過ぎて始めてパリの良さやデザインが見えた時。今まで教えられたデザイン感覚がアメリカの物だと判る。
デザイン=人目を引く。の図式ばかりを追求していたようだ。結果。上っ面ばかりをいじり廻す癖が付いていた事を実感。街に溶け込む“美”。シックでオシャレで良く見るとかなりアクティブでもある。こんな感覚は私にはなかった・・・ダサク着飾る自分が見えた。
f0195172_15355736.jpg

D`ARQUES社のクリスタル製の盃“Edo”とネーミングが入っているのでフランスから見た日本と解釈しました。盃の台座はカッテングで10角型で、葉っぱ模様のカットが杯の縁を取りまいている。このデザインだと、燗酒が合いそうです。
成形品で、それ程古いものではないが2・30年ぐらい前かもしれない。

もうひとつは、SAINT-GOBAIN社の灰皿です。なんと、重量2kgもあります。日本人の感覚からはブロックと言っても良いでしょう。ガラス製品の世界的メーカーです。確かルーブル美術館のクリスタルピラミッドや化粧品のボトル等。この重厚さが良い感じです。成形品ですが、ガラスの中の気泡の感じから50年以前のように思えます。あくまでも私の個人的感想なので、間違っていても、想像を楽しんでいると理解してください。
[PR]
# by dali21 | 2008-10-31 16:06 | 昭和・がらくた | Comments(0)

何となくコレクション

10数年前からタバコの宣伝ライターを集めています。無理して買うわけではありませんが、なんせタバコを買うと付いてくるので。以前は1カートン買うと付いてきたのが、今は1〜3箱でおまけ付きになっています。ドンドン出るので忙しい。
何が面白いかと言いますと、タバコのイメージに合わせてデザインしている事です。
得にお気に入りなのがCOOLです。若者むけのグッズライターで面白いものがある。
最近ではローソンでしか売っていない限定の物まで。
f0195172_2037255.jpg

取りあえず並べてみました。コレクターでは無いので買い漏らしもかなりあります。
[PR]
# by dali21 | 2008-10-26 20:40 | 昭和・がらくた | Comments(0)

ゆっくりと

ブログがアップして、毎日書き込みとも思ったが・・・ゆっくりと進行する事にしました。2週間あいた事は、2週間分成長したと言う事です。単に時間が過ぎたではなく、何もしていなくても、時間の歩みと共に成長しているものです。

ベランダのミカンの葉っぱに、アゲハチョウが来て葉を食いつくし旅だって行く。たまに幼虫が多すぎて、食料難に陥る事も。不思議な事にミカンの木は食べられるのを待っているみたいだ。生茂った葉っぱが食べられて、葉が無くなると、元気な若葉を茂らせる。アゲハが卵を産みつける。この夏、3〜4回ほど繰り返しています。

ベランダと言う人工的な空間で、人為的に育てられたミカンの木。ある意味元気です。

京都府亀岡ダリハウスは、30年ほど前に人為的に作られた別荘地。至所にコンクリートの階段があり、自然の景観は無く、売買を目的とした別荘地がある。悲しいかなこの場所は、人々から忘れ去られ廃墟の別荘地として存在している。
30年もの間に、植物が人工物を取り込んで今に至・・・チュウリップも植えてみたがヒョロヒョロだった。朝顔もプランターに入れないと育たない、自然の過酷な環境である。

都会のベランダと廃墟の自然。どちらも。ゆっくりと成長しているようだ。
[PR]
# by dali21 | 2008-10-23 14:52 | Comments(0)

はじめまして

とうとう、オープンしました。
HPは、ぼちぼちと変化させますが、このブログは“かってにART”美と言うものを
お気楽に、つぶやきたいと思っています。
たとえば
コンビニ弁当やお惣菜の品質表示シールは、最小にして最大のデザインじゃないでしょうか。品名・品質・材料・値段・etcが詰め込まれた必要最小限の物。
それらをきっちりデザインすれば、質の良いパッケージが仕上がります。
言い方を変えれば“デザイン要素の元”が収まっているのです。単なる“美”ではなく“基本としての美”が存在しています。それをARTとしてながめるとどうでしょうか。

“かってにART”美は、そんな私のつぶやきの場です。

ま、ぼちぼちと・・・田利
[PR]
# by dali21 | 2008-10-08 15:02 | Comments(2)