dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ガラス ( 30 ) タグの人気記事

鳥のガラス細工・・・

2017年が【トリ年】なので、ベニチアのハンドメイドを買って来た・・・
f0195172_13522240.jpg
パット見にはトリと見えないのだが・・・
f0195172_13515433.jpg
こうなると・・・日本人には、松竹梅の【笹】に・・・縁起物やからエエか。
f0195172_13524308.jpg
イタリアのムラーノ島・・・本場物と思うが・・・
f0195172_13510752.jpg
手作りとガラスに気泡がかなり有る。こんなのが好きなんですワ。
f0195172_13520722.jpg
大きいのが難点・・・
f0195172_13511820.jpg
ボリューム感たっぷり・・・500円。


[PR]
by dali21 | 2016-12-28 14:01 | 昭和・がらくた | Comments(2)
【なつ×ガラス+】で、出合ったグラス・・・静岡の作家さん。
f0195172_933615.jpg
万華鏡の様に見える・・・
f0195172_941819.jpg
色は、さまざま有るが・・・ブルーが多い方が、他の【輝き色】が生きる・・・
f0195172_965186.jpg
斜光での輝きも楽しい・・・
f0195172_975060.jpg
結構色を多量に、使っている様に見えるが・・・
f0195172_99412.jpg
正面(真横)から見ると・・・以外とアッサリしている。
しかも【色ガラス】は【底】・・・底辺のみ、それが反射してグラスの底に反射。
グラス回りのなだらかな凹凸と・・・グラス内面の横筋が微妙な【万華鏡色感】を出しているのかも・・・
f0195172_9151670.jpg
透明ガラスなら・・・まったく興味も湧かない【グラス】フォルムなのだ・・・が。

6月30日5時まで・・・阪神百貨店うめだ本店10Fうめだスーク・中央街区No11

        ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2015-06-29 09:24 | 昭和・がらくた | Comments(2)

太陽光の入る時期・・・

年間半分は、光りがささない・・・我が家。
f0195172_14474884.jpg
そろそろ、部屋の中まで日差しが入って来た・・・
夏の暑い日差しが怖い・・・冬の【結露】からは逃れられる・・・が。
f0195172_14514820.jpg
灼熱地獄と極寒地獄の【我が家】
日が差し込むと、ガラスがキレイ・・・去年の秋“ちこぱぱ と まゅーら”の引き出物のペーパーウエイトの撮影にアイ成りました。
f0195172_1457414.jpg
やっぱり【光】はイイ・・・ね。

          ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2013-04-22 14:59 | 昭和・がらくた | Comments(2)
カメイガラスの【特許】の文字・・・
f0195172_17314365.jpg
活字では無いと思うのだが・・・書き文字なのか。
変に癖のある文字で気になっていた。愛嬌が有る漢字で、手描きか、彫刻ならこんな【書体】に成る感じに見えるのです。
f0195172_1735354.jpg
特許の意味は【ガラス】の発色に有るとは思うが・・・この肌の金色を含む陶器の様なシックさなのか・・・良く判りません。
誇らしげに【特 713228 許】と有るが、特別な物には見えません。
f0195172_1740018.jpg
ガラス花瓶の全体はこんなのです。

知っておられる方は・・・お教えを願いたい・・・・と

            ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-11-28 17:44 | 昭和・がらくた | Comments(2)
天皇賞の予想をしながら・・・こないだ、手に入れたこんな物・・・
f0195172_23422041.jpg
【Machikane farm Since 1992.1.1】のクリスタル置物。待兼牧場オープン記念品の様ですね。
結構立派な物なのだが・・・記念品は安く手に入ります。競馬好きでクリスタル好きならお手頃のお買い物。
こいつも私の手元でそれなりに落着きましたとさ・・・
f0195172_23464090.jpg
90×80×60mmの立派なクリスタル・・・マチカネ牧場って、こんな建物だったのですね。馬名:マチカネタンホイザが有名だが・・・マチカネテナモンヤとかマチカネフクキタル・マチカネソウダッセ・オニゴッコ等。変な馬名で有名だった・・・笑っちゃうね。
それより天皇賞じゃ・万馬券じゃ・・・と、ほざいております・・・

            ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-10-28 00:03 | 昭和・がらくた | Comments(2)
この時期(広島・長崎・終戦)だからと言う訳でもないが・・・
f0195172_13332990.jpg
机前に飾っている【ガラスの型・銃剣】を、粘土で型取りをと・・・確認用に撮影してみれば・・・立体像が浮かび上がった・・・
f0195172_13364092.jpg
こちらは、凹面。・・・どちらも、銃剣が飛び出して見える・・・平面が光の陰影で立体に錯覚。
立体感も、前からと後ろからに見えるのが不思議・・・
f0195172_13394359.jpg
こんな感じの平面型・・・カテゴリー【がらくた】の中で、2008年12月に紹介した物です。

            ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-08-09 13:49 | 昭和・がらくた | Comments(0)
店頭に見慣れないガラス壷が出ている・・・
f0195172_23294847.jpg

「これ、どうしたん・・・」「奥に有ったから出しといた。」「ん。壷は売れんぞ・・・」てな会話をしていて・・・カメイガラス?・・・49.9.27。昭和49年。オイルショックの前ぐらいか・・・1949年なら戦後数年・・・それは無いわな。
f0195172_23335754.jpg
特許?・・・ガラスらしく無い【茶金】の色合い。これが特許なんかいな。「制作側の思い込みやな・・・」この色合いやったらガラスの意味が無い。陶器ならまだしも・・・透明感もない・・・ガラスにしたら中途半端とちゃいまっか。
f0195172_23381586.jpg
【グラス】なら買いなのに・・・持って帰るのも重いし・・・800円か・・・負けてもらって500円って処やな・・・ガラスらしくないガラスも面白いかもと。変なとこに感心して・・・
ま。しばらく【茶金】の色合いを眺めるには適価かと・・・

相変わらずいい加減な買い物を・・・

             ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-07-04 00:06 | 昭和・がらくた | Comments(0)

謎のガラスの壷・・・

キンキラキンのガラス・・・何て製法なのか思い出せない・・・・
f0195172_21382380.jpg
調べるにも【名称】が判らないので・・・じゃま臭い・・・そんなワテが、叩きつぶして作品に利用しようとして12年前に買った・・・この壷。生き残ったまま・・・今。
f0195172_21383656.jpg
 品の無い輝きなんで、好きには成れない。でも買ったのは、500円の魅力的な価格だったのだ・・・
f0195172_21393455.jpg
部分部分を見れば、光り輝いて魅力的な色を発するのだが・・・全体的には好きに成れない色合い。

ガラスは意外と厄介で、溶かすには高温が必要に成り・・・つぶすのも、均一につぶれず小さなトゲ破片と大きな面が残る・・・陶磁器みたいに、割れる予測が着かない・・・
それで生き残った。この【ガラスの壷】・・・もう少し、つき合うか・・・ゆっくり眺めてみれば、面白い光りが見えて来そう・・・

           ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-05-31 21:33 | 昭和・がらくた | Comments(2)
複雑怪奇なこのグラスには驚きました・・・
f0195172_190353.jpg
始めて見た時は【キャンドル・スタンド】かと思った・・・・・f0195172_192090.jpg

「1930年代のアメリカのショットグラスです」と、おっちゃんが言うので・・・ふむふむ・?・?・?・変や・・・グラスのくせに主張しすぎちゃうのん。

良く見ると、結構キッチリと創っている。十二角形で3段重のグラス、内側も凹凸がきっちりと・・・デコレーションされた物は飽きるのも早いが・・・この謎のグラスは、飽きさせてくれそうも無い。

こんなん有ってもイイと思うが・・・創るかぁー?!・・・真剣に。【何をどうしたいねん】それが判らん。【創りたかったから・創った】そんな感じ。

凸凹があるので、滑らずしっくり馴染む。キャンドル・スタンドで呑んでいるのか・・・と、ワイルドなええ加減さと、主張するカタチに色ガラス・・・底に大きめの気泡がひとつ・・・訳の判らない感性に引っ掛かる。グラス作者の【思う壷】にハマり手に入れてしまった・・・10年以上前の事。

明日から4・5日・・・旅に出ます・・・では・・・

          ■http://www.dali21.com/index2.html
[PR]
by dali21 | 2012-02-19 18:59 | 昭和・がらくた | Comments(5)
色付のグラスは、酒を選びますが・・・これは・・・
f0195172_0423534.jpg
f0195172_0431873.jpg底が四角形〜八角形へ移項する過程サイズが、このグラスの面白い所ですが・・・オーソドックスなカタチのひとつなのかも知れません。

単純な理論は美しいフォルムを生み出します・・・

色ガラスですが・・・厚みの薄い所は、透明に近く嫌味な感じが無く、上品に感じられます。癖のある酒でも、マイルドに感じられるかも・・・私には似合いそうも無いかな・・・うん。確かに・・・

どれくらいの年代の物か判りませんが・・・きっと、古いでしょう(ええかげん・・・苦笑)

           ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-02-19 00:41 | 昭和・がらくた | Comments(0)