dali(田利)が気楽に、 ARTとはの疑問を自由に綴るBLOG。


by dali21
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:江戸火鉢 ( 14 ) タグの人気記事

永らくダリハウスで使用・・・今、前高屋に・・・
f0195172_19124478.jpg

[PR]
by dali21 | 2015-02-02 19:16

立派な江戸火鉢・・・

天気も良く、山田道具店へ行って来た・・・
f0195172_1823115.jpg
木目もキレイで、作りも良い・・・ダリハウスの江戸火鉢よりひとまわり大きく、作りも立派である。価格もそれ程でも無いので欲しく成るのだが・・・

実際に使用している物が有るので、どの程度かは良く判るのだ。
f0195172_18285155.jpg
インテリアに使うにもお買い得の価格である・・・はっきりいって・・・安い。多分半月後には売れている気がする。

で。私は誰も見向きもしない・・・【変な物】を探すのであった・・・

           ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2013-09-18 18:32
昔の人の【知恵】の凄さが見えます・・・
f0195172_937995.jpg
【五徳】沸騰水の循環で、お酒の燗をする。手前の蓋の閉まっている方は、別ケースで収まっています。何の意味が・・・
熱く成り過ぎた時に【水】に入れ替えると、ぬる燗が出来るのです。酒呑みにはたまらんね。

右のお猪口の乗っている【天板】は・・・
f0195172_943362.jpg
手前をチョンと押すと浮き上がり・・・ひっくり返すと【お盆】に成る・・・むむむ・・・流石。簡潔明瞭・理路整然。
内部の箱の一部が斜めに切り込みが入っているだけのシンプルさ・・・【箱】には、お猪口を入れても良いし、タバコ等を収めても良い。無駄無く・さり気なく・・・
f0195172_946090.jpg
独立した【お盆】としても利用可能・・・

          ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2013-03-06 09:57 | 昭和・がらくた
時間をかけてゆったりと再生・・・
f0195172_2336953.jpg
すべてがキレイにガッチリと仕上がると気持ちイイですね。
f0195172_23393726.jpg
五徳もこんな感じで、汁・油・タレがこびり付いていました・・・それなりに、時代を残してキレイにしました。
f0195172_23401732.jpg
取っ手の部分も、磨き上げてから接着・・・
f0195172_23413510.jpg
左の引き出しも、針金で止めていたのを似ているパーツを探して再生。ちょっと大きいですが・・・仕方ない。
右の引き出しは木目柄が合っているが・・・左は、どうも違う感じ。でも、それなりに合っているかと・・・使用するには問題は無い。

江戸火鉢の【素人再生】を終わりますわ・・・

             ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2013-02-16 23:51 | 昭和・がらくた
木工屋・家具屋でも無いので・・・自己流で・・・
f0195172_1215521.jpg
まずは【反り】の修正を3回に分ける・・・初めは、重しを置いて自然修正。5日程。
f0195172_12181037.jpg
次は、真っすぐに成った板【水】を染込ませ・・・2日程。
しっかり【反り】が直った所で、再び【水】を染込ませ、要所をボンドで止める。

家具用のクランプが有れば、こんな不様な感じには成らないが・・・家庭で出来る【修正】です。
上の乗っている木箱は【オブジェ積木・二種類】総重量・・・40kg弱。
f0195172_122576.jpg
全体のカタチ修正が終わると。底板の修正。前回の修正は鉄釘でやっていた様で・・・錆・腐食でグラグラ。ステンレスの釘で補修。
f0195172_12275270.jpg
釘は直接外に飛びださない様に、ドリルで穴あけ・・・で。ポンチが無いので・・・壁フックで代用で押し込む。
いい加減でイイのだ・・・

              ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2013-02-16 12:36 | 昭和・がらくた
湿気の多いダリハウスで使用すると・・・過酷なのか・・・
f0195172_23521662.jpg
数年前でも、こんな感じだった・・・側面板が彎曲し出すと・・・アチコチがいかれて来る。
f0195172_2354284.jpg
隙間は彎曲で出来たもの。上の板が二枚に剥離しています。
f0195172_2356135.jpg
あきらかにせり出して、各部が歪に成っています。
f0195172_23571085.jpg
隙間にポンドを流し込み、クランプで締め付ける。手元にあるクランプはバラバラだがカナザシを利用する。
エエ加減な所がダリ風である・・・
f0195172_23582765.jpg
こんな感じだ。
f0195172_23585927.jpg
カケも数箇所あるが、剥離部分は保存している。

             ■ http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2013-02-16 00:08 | 昭和・がらくた
ゆっくりと・・・再生したので・・・二ヶ月ほどかかりました。
f0195172_12173819.jpg
キレイにしっかりした作りに成りました。
f0195172_12183432.jpg
こんな状態にばらし・・・
f0195172_12193759.jpg
引き出しや江戸火鉢の内側にも【柿渋】を塗り・・・
■注 : 【柿渋】は、日本伝統の天然の塗り染料。防虫・防腐の役目が有り・・・素朴な色彩が美しい。
f0195172_12252257.jpg
いろり部分も取り出す。
f0195172_12261830.jpg
かなりの錆があるが・・・下手に手直しするより前面取り替えが良いかと・・・取りあえずはそのまま使用する事にした。

手に入れた当時、破れ穴が青く見えるのは製版用のアルミ版で補強。
珪藻土を底に塗り固め、使用時は灰を入れます。

            ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2013-02-15 12:32 | 昭和・がらくた

江戸火鉢の再生・・・

長年ダリハウスで活躍し、ボロボロになつた・・・
f0195172_2334583.jpg
我が家に持って帰り、痛んだ部分をリフレッシュに・・・
以前に直した後が有り・・・いいかげんに鉄釘なんぞを使用していたおかげで・・・湿気の多いダリハウスの過酷な生活に虐げられたのです。

再生はするが・・・有らぬ方向に進むのも在りかと・・・思ったりする。例えば、ステンレス使用の江戸火鉢とか。

それはさて置いて・・・柿渋を中側の木材に塗布して・・・錆びないステンの釘を用意したり・・・磨き用のワックスも、体勢は万全だが。バタバタして中々手が付けられない。

ま。来年の春までに【再生】すれば良いかと・・・
あ。法螺貝もアーミー使用に仕上げなければ・・・と。春のダリハウス、オープンまでに・・・

          ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-12-21 00:04 | 昭和・がらくた
熱燗はいつもの事。呉春の燗とは豪華な事・・・
f0195172_14354994.jpg
初日は湯豆腐。二日目の夜は、鴨と鰻を炭火で炙ります・・・レレレ・・・煙が・・・
f0195172_14362252.jpg
鴨の油が、炭に落ち・・・ジュワーと煙が立ち登る・・・ドアもサッシもオープンに。冷たい空気と入れ替え・・・
f0195172_1440717.jpg
一滴の油で・・・こんな感じ・・・ああ、ダリハウスの夜は更けゆく・・・(笑)

            ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-10-14 14:44 | ダリハウス

呉春(名酒)6本・・・

ダリハウスに着いたのが、少し遅く成り・・・昼飯を飛ばして・・・早い晩飯に・・・
f0195172_14583235.jpg
取りあえずは【スーパーニッカ】の炭酸割りで誤魔化しもって、日本酒の燗準備を始める。
f0195172_14585419.jpg
何んたって・・・【呉春】が6本もあるのだから・・・湯豆腐の用意・・・なかなか炭火がいこらないのを焦れったく、冷やで味見等と・・・二泊三日の宴会が始まる。

          ■http://www.dali21.com
[PR]
by dali21 | 2012-05-27 14:57 | ダリハウス